BLUE GIANT (ブルージャイアント)

BLUE GIANT (ブルージャイアント)

By 藤本 北大

[BLUE GIANT]=青白巨星:表面温度が約20,000K,直径が太陽の10倍に達する大きく明るい星 JAZZの世界では、世界中を魅了したJAZZの巨匠のことをブルージャイアントと呼びます。熱が高すぎて赤を通り過ぎて白く青白くなる、そんな演奏をするジャズプレーヤーに贈られてきた言葉です。                         

もうかれこれ何年前になるか、何となく手に取ってすぐにワクワク感に包まれ、宝物を見つけた感覚を得たのを思い出します。それからも何度も何度も読み返しては涙する、それくらいの名作となってしまいました(自分の中で)。音楽の描写が上手く、頭の中に聴こえてくるような感覚に陥ります。文章が少なく"絵のみ"でストーリーが伝わってくるように考えられたストーリーもあり、登場人物の顔の表情など細部にまで工夫を凝らしてあります。新鮮な感覚を覚えることも多々あります。情熱、ひたむきさ、葛藤、孤独、共感、熱狂、悲劇、感動、人情、、、。ジャズを通じて様々な切り口で描かれるブルージャイアントの世界は、厳しくも温かくもあり、自分自身を投影し自問自答してしまいます。物語としても素晴らしい漫画だと思います。

BOUNTY-HUNTER: SUMMER STYLE

先週の大雨がまるで嘘の様な暑い日が続きますね。SKANDAにも夏物が続々と入荷しています。今日はBOUNTY-HUNTER夏のカジュアルスタイルをご紹介します。モデルは"U-SKE" 夏のラフなバウン...

音島 一志 ブログ

PORTER(吉田カバン)×GLADHAND

オールドアメリカンの上質で赴きのあるテイストの中に"今”を落とし込み、ヴィンテージという価値観に新しい風を吹かせている"GLADHAND 幸田氏"...

藤本 北大 ブログ