WESCO ウエスコ

WESCO
ウエスコ

|

  • 設立年 : 1918年
  • 創業/拠点 : アメリカ
  • デザイナー : ジョン・ヘンリー・シューメイカー
  • オフィシャルサイト : http://www.wescojapan.com/

紆余曲折を経て、創業から1世紀近く続く老舗となったブーツブランド「WESCO(ウエスコ)」。

オレゴン州スキャプースという豊かな自然に囲まれた小さな田舎町に拠点を構えるWESCO(ウエスコ)は、1918年に創立者ジョン・ヘンリー・シューメイカーによって誕生しました。彼がブーツメイキングに携わるようになったのは16歳のころで、当時世界一の材木量を誇り、”ザ・ロギング・キャピタル・オブ・ザ・ワールド”と呼ばれていたミシガン州にて、ロッガーズ・ブーツのメイキング技術を習得したのが始まりです。

その後、新たなチャンスを求め西部に向かい、ブラドリー・シュー・カンパニー、グッドイヤー・シュー・カンパニーでプロダクションとリペア部門を任された後、独立することとなります。

しかし、創業から現在まで1世紀近く続くWESCO(ウエスコ)も、その道のりは決して平坦なものではありませんでした。世界大恐慌によって一時は工場を閉鎖せざるをえなくなり、ビジネスや貯金、家さえも失ってしまうのです。

それでもブーツメイキングの道具は決して手放さず、家族親族で力を合わせブーツ作りを再開。良い日でたった8足しか製作出来なかったといいますが、ロッガー達が働く現場に直接ブーツを売りに出かけ、徐々にビジネスを回復させていきました。

そんな不屈の精神が、彼の孫にあたる現在の社長ロバータ・シュー・メイカーにまで脈々と受け継がれ、今ではアメリカでも見つけることが難しくなったファミリービジネスを貫き、決して大量生産にシフトすることなく品質を最優先する姿勢は、この先も変わることはありません。

 "Boots That Stand The Gaff"この言葉と共に、長い歴史で培われてきた技術や名声に甘んじることなく常に進化をし続けるWESCO(ウエスコ)は、ロッガーやラインマン、ファイヤーファイターといったアメリカの屈強な男達の足元をこの先も守り、世界中のファンを魅了し続けていくでしょう。

藤本 北大 コーディネート